背中脱毛ってみんなやってるの?@見えない部位だから気になるんです!

 

ムダ毛処理への期待

夏が近づくにつれて、煩わしくなるのがムダ毛の処理です。女性のムダ毛処理はある意味当たり前になっているので困ったものです。いっそそのような風習が無くなってしまえばいいのにと考えてしまいます。特に私って毛深いと思う、という人にとっては気が重くなります。

自分でムダ毛処理する方法としては、カミソリや電動シェーバーで剃る、毛抜きで抜く、ワックスではぎ取る、除毛クリームで溶かすという方法があります。いろいろな手段があるのですが、どれも一長一短であり決定的な方法がありません。

毛抜きで根本から毛を抜く場合、次が生えるまで時間がかかるので長持ちしますが、毛抜きをすると一本ずつ抜くので手間がかかりますし、しかも痛いです。

ワックスやクリームを使った脱毛はお肌への負担が大きいと言われています。また毛を抜いた後の細菌感染の危険もあるので注意が必要なのです。カミソリは刃が皮膚を傷つける上に、根本が残るのでしばらくするとまた生えてきます。

またいずれの方法も自分で行う以上、手の届くところが限界でもあります。例えば背中を脱毛する時はかなり大変ですよね?身体が柔らかい人は、鏡を見ながら手を後ろに回して、カミソリを使うこともできます。

しかし身体が硬い人は非常に高い技術が要求されます。さらにお肌の質によっては利用できない選択肢もあります。カミソリ負けする人もいれば、クリームを塗ると皮膚に炎症を起こす人もいます。難しい問題ですね。

全身脱毛のおすすめサロンは、エタラビです

背中脱毛について

背中脱毛はムダ毛処理でも悩みどころではないでしょうか?手が届かないのでやりにくいですよね。長年一緒にいる彼氏や夫がいればお願いすることもできると思いますが、やっぱりなかなかできません。家族には意外とお願いできないことでもあります。

意外かもしれませんが、背中脱毛における背中は上と下に分かれています。肩甲骨の下辺りが境目で、これより上は肩まで、下は腰までが背中となっています。エステなどでは背中脱毛に加え、腰やお尻の脱毛も視野にいれることになります。

あるサイトのアンケート調査によると背中脱毛をしなければならないと感じている人は、49.3%でした。ほぼ半数の人が背中脱毛の必要性を感じていることになります。中には「熊のように毛深い」と悩みを打ち明けているケースもありました。

背中脱毛を気にするようになったきっかけは、やはり他の人の背中を見て背中脱毛の必要性を感じることが多いようです。また結婚を控えてウエディングドレスを試着している時に背中が大きくあいたドレスを着ることになり、一気に気になったというケースもありました。また夏になると露出度の高い水着を着ることあり、これも背中脱毛のきっかけになるようです。

ちなみに背中脱毛以外には、ワキやヒザ下、ひじ下の脱毛に人気があるようです。部位によっては同時に脱毛できることもあります。プロのサロンですと、セット割引のような制度もありますのでチェックどのようなものがあるのかチェックすることも必要です。

通常脱毛と永久脱毛の違い

私達が考える脱毛は3つのカテゴリに別れます。自分で行う通常脱毛、エステサロンで行う通常脱毛、そして医療機関で行う永久脱毛があります。脱毛に医療機関という言葉が思い浮かばないかもしれません。

実は使用できる器具には制限があり、強力な道具を使用するために医師免許が必要になります。特に背中脱毛は自分ではなかなかできないこともあり、エステサロンや医療機関にお願いすることもあると思います。

医療機関で背中脱毛を依頼すると永久脱毛を選択することができます。ここでいう永久という言葉にはすこしカラクリがあります。どういうことかというと完全な永久ではありません。ほとんど永久という程度のニュアンスなのです。

というのも、エステで行う光脱毛と医療機関で行うレーザー脱毛ほとんど同じ原理なのです。威力の大小がことなるだけです。
医療機関で行う背中脱毛といえども病気ではありませんので、保険は利用できません。比較的高い料金になってしまいます。

同じ原理のエステサロンで背中脱毛をしてもあまり変わらなかったという人もいらっしゃいます。また先程も言いましたが永久脱毛の後から毛が生えることもあります。

なぜなら人間の体毛は一定の周期で新しくなるからです。もちろん一度脱毛すると次が生えるまで時間がかかりますので、お手入れのサイクルもぐっと長くなります。また徐々に体毛が薄くなる人もいます。どちらが便利かは肌質にもよりますので、いろいろ試してみることも重要です。
永久脱毛を契約しました